大会に参加しています!


ジュニア(小学4年生)は千葉県のベスト4に、ジュニアユース(中学3年)は関東大会に進 出しています。ジュニアユースに関しては、あと2勝で全国大会に参加できることもあり 勝負にこだわっています。ジュニアチームは大会初参加ですが、運良くベスト4に勝ち 上がっています。4年生大会は登録した全員を毎試合出そうというコーチの間の約束 をもって1回戦からスタートしました。点数を決めた人も10分で交代することもあるし、ま だまだ4年生なのでキーパーも決めていません。ハーフタイムからは7人が交代したりし て私たちの真意を考えていただけたら本当に嬉しいのですがなかなか難しいことで す。試合前のアップはポストシュートがジュニアの儀式のようで、ほぼ全チームがそのよ うな形です。あ一ジュニアってこんな形なんだなあ一。というのが第一の感想でしょう か。各チームの4年生大会の目的は何なのでしょうか。勝っことでしょうか。'5年生大会・ 6年生大会と続くのです。この年代に身につけてほしいことがあり、大会を通して確認で きているのでしょうか。近い将来ジュニア年代は日本協会主動で大きな変化を求めら れると予想しています。少子化問題もあります。他のスポーツとの競争もあります。低年 齢からのプロフェッショナルトレーニングを実践して世界と戦える国にするという構想も あることでしょう。そのようなことを想像していて初めて大会に参加して、ジュニアの現状 に驚きを隠せないというのが正直なところです。各チームこれから予想される大きな変 化に対応できるのだろうか。低年齢からの勝利至上主義は、その子たちの将来に必ず しも良い結果を生まないということを私たちコーチは頭の片隅に入れておく必要がある と思います。県でベスト4に入れたことではなく、より多くの試合を体験できたことがこの 年代とっての財産だと思います。船橋市内には一石を投じたっもりでいます。それがま だ伝わっていないことも多いのですが、県の大会においてもジュニア年代の育成・チー ム作りに一石を投じられるよう日々勉強していきたいと思っています。

                                    (熱血)