U-13の応援ありがとうございました!


U-13県大会の応援ありがとうございました。初戦が柏レイソルということで、今の段階で どれだけ差があるのか楽しみにしていました。試合結果は0-1でしたが、現在の力とゲ ーム内容は1-9というところでしょうか。今回選手達に言ってきたことは3つありました。 ヴィヴァイオ始まって以来今のU-13は、この早い段階でも対戦が楽しみであること。 どのような結果であれ、2年後には差が縮まっていること。チームとしては対レイソルとい うこともあり9人の交代枠をフルに使わず勝ちに行くこと。JFAのエリートプログラムで数 名中国に行っている(近い将来ヴィヴァイオからもプログラムに参加できる選手が育って いく予定。は未定ですが)レイソルに対して、4-5-1のシステムをとりました。選手個々の 今の体格・能力・戦術からして防戦一方の精一杯のゲ}ムだったことは間違いありません あのゲームをできるだけ多くの選手が忘れることなく、これからの生活を大切に生きて 欲しいと願っています。まだスピード対応できずに出して上げることのできなかった選手 達も、今に見ていろと言う気持ちを忘れることなく自分のために精進してほしいと思いま す。今はかなわなかったけど、スタッフとしては今までの先輩以上に明るい兆しの見え る試合でした。私たちスタッフは今回のゲームを絶対に忘れることはありません。自分 自身のために個々の意識に期待します。試合後、このようなお話をいただきました。 『前半守られたので。でも後半は。』違うんだけどなあ一。現段階では運動能力的にも 差があり、トップに入ってもサイドハーフが押し上げられず孤立してしまって全く攻め手 がなかったのです。守りに入ったのではなく、攻められなかった。全然違うんですけど。 珍しく1回戦天戸中での4試合クラブチームが多く集まりました。ACC四街道、最近噂に 聞きますのでどのようなチームなのか興味深く敗戦後のコーチの指導を聞きにいきまし た。今後交流を持ちたく挨拶に行きました。レイソルは現段階での本当に良い選手が 集まっています。ジェフ辰巳台、佃コーチにはイギリスで大変お世話になりました。後は あんなものかなあ一という感じでしょうか。船橋から他チームに出ている選手が成長して いないことに絶句もしました。自分たちのチームを棚に上げようとは思いませんが、ジェ フ・レイソル以外の町クラブは本当にこのままで良いのでしょうか。多くのチームから選 べる時代にならないと駄目だと感じた3試合でした。

                                    (熱血)