頑張れ新潟!


 長岡ビルボードの代表である藤田さんと知り合ったのは今年の夏でした。大会に参 加していただこうとメールを送りましたが集中豪雨にみまわれていて今回はというお 返事のメールをいただいたのが初めでした。数日後の富山遠征の会場で新潟県トレセ ンを連れて来られていた藤田さんが私に声をかけてくださいました。ビルボードが8 月中旬に行われるJヴィレッジの全国大会が決まっていたこともあり、頑張ってほし いという気持ちを伝えました。約1ヶ月前の地震で長岡にも大きな被害が出ました。 ジュニアのトレーニングが終わった11月9日の22時過ぎに佐々木コーチ・正コー チにメールを送りました。3月に予定しているヴィヴァイオ主催の交流会に長岡の選 手たちを無料で招待したいと思うのですがどうでしょう。すぐに2人から返信があり ました。「ぜひその方向で。」というものでした。22:14分藤田さんにメールを 送りました。「頑張ってほしいということ。今後の状況次第だと思うが、送迎させて いただき大会に招待する準備があること。今私たちにできることがあるか。などな ど」しばらくして藤田さんから電話が入りました。「夏の集中豪雨、今回の地震で感 じたことはサッカーをやっていて本当に良かったということ。これだけ多くの方に サッカーを通して知りあうことができたのだと、応援してくださる電話などで実感し ているということ。やっと近くの高校を借りて集まれるようになったばかりだという こと。高円宮杯にまだ勝ち残っていて、全国の応援してくれている方に新潟のチーム が頑張っていることを見せたいということ。今日のメールの内容は選手たちに伝えま すということ。」千葉の地にいて何もできないけれど、ぜひ3月に関東の地でお会い できることを楽しみにしています。

                                              (熱血)