第3グランドへの訪問者!


 11月21日(火)のジュニアのトレーニングに2人の訪問者があった。1人はこの冬の高校サッカー選手権に出場する 島根県代表「立正大淞南」の南監督。大会会場が千葉県ということで会場等の下見に来られ、わざわざ私どもの活動 しているグランドに足を運んでくださった。もう1人は、山梨県の山梨学院高校サッカー部の高木監督。高木監督は、 前日のジュニアユースのトレーニングも見学していただき2日連続で足を運んでいただいた。  2箇所のナイターで170名が活動している現実と個々人の技術・判断を見ていただくことができた。お2人共に感激 してもらえたようで、嬉しかった。ユース年代の指導者に、ジュニア・ジュニアユース年代に大切にしていることを感じても らえたかもしれない。高校選手権だけでも8回の全国大会出場を果たした南監督。帰りの車で、六本木を通過する時、 「こんなところに住んでる奴がヴィヴァイオみたいな活動に寄付してやればよいのにと真剣に話していましたよ。」 と同乗していた人づての話が入ってきた。  ユース年代に新風を吹き込むであろう高木監督。「今ナショナルトレセンでJヴィレッジにいます。」と連絡をくれた。 選考されている選手は、みんな可もなく不可もなくビックリするような発想の選手はいないと嘆いていた。 奈良の高田FCに出会えたことに感謝したい。日本のサッカーを底辺から変えていかねば。

                                    (熱血)