「セレクション参加の皆様へ」


 寒い中、私共のセレクションに多くの選手・保護者にお集まりいただき有難うございました。 年々私共の想定を超える厳しいセレクションになっていくため、全員の希望に応えることができず本当に申し訳なく 思っています。
今年は更に厳しいセレクションになってしまっています。
「12月23日の昼頃、第2回目の結果が書かれたはがきを投函いたします。」 はがきには、機械で計測した10mと50mの個人記録を記入させていただきました。レター内の資料には、セレ クション当日に組んでもらったチームの平均と参加全選手の平均を掲載しました。自分自身の今の走力を確認して 今後に生かして下さい。
大変申し訳ございませんが、第2回セレクションは合格者以外多数の選手に「残念ながら」という結果を・・・
数名の選手に「継続挑戦」の通知となりました。 これは「継続挑戦」で引き留めることなく「個々の進路選択」を優先に考え、 できる限り「早く結果を出してあげるべき」との苦渋の決断でありました。
最終回は、1月11日を予定しています。
寒い中、日程を調整してセレクションに参加いただき本当に有難うございました。(鈴木)