「縁」をつなぐ場所!


 新たな挑戦をすることにした。 11年前、地域を憂いてクラブを立ち上げた。船橋中で100人を超えるサッカー部の顧問がクラブに挑戦した。私の 決意を知らない方々からの嫌がらせも多かったが、佐々木・鈴木・仲村・満田をはじめとする仲間に助けられた。 船橋中の教員時代、人から100万円借りて中古のマイクロバスを買おうとしたら、恩師から電話で指導を受けた。 02年にジュニアを立ち上げた。教え子の母親に頭を下げて土地をお借りして事務所を建てた。05年に提携チーム ができた。06年にも提携チームができた。08年に、VIVAIOランドをスタートさせた。「日本で、天然芝のサッカー場 を運営するという夢」が現実になるとは全く考えていなかった。同年、会社を立ち上げて教え子を雇用した。09年、 浦安に提携チームができた。 

 セレクションでの面接がいつも心に残っている。「VIVAIOに入りたいんです」という小学6年生の真剣な表情が、 頭から離れないのだ。人数制限を設けなければ、チームとしての活動が厳しい。皆に可能性があるのに、「残念な がら」というはがきを送っている。真剣に私共のクラブに入りたいと考えている選手が「残念ながら」で、多少目に留 まった選手が「合格」ということもある。数時間のセレクションで、3年間強い気持ちを持って取り組むことのできる選 手なのかどうかまでは分からない。1年も経たずに気持ちが途切れる選手がいることもある。毎年そのような経験を しているからこそ、違った環境を用意しなければいけないと真剣に悩んできた。

   新年の1月5日より、船橋市内の屋根付き2面と屋外1面の人工芝フットサル場の運営をすることになった。VIVA IOのチームには縁の無かった選手と、「縁」をつなぐことのできる場所が用意できた。他クラブであろうと、中体連の 選手であろうと「もっと個の技術にこだわり、個の判断にこだわりたい」という選手に喜んでもらうことのできる場所を 真剣に用意する。今年は特に心が痛い。ドリブルの得意な選手が多々来たが「ちょっと違うのだ」。この場では表現 しないが、違うのだ。ジュニア年代の癖を修正することは容易ではない。私共が真剣に環境を用意しても、20ヵ月 (2年生の秋ぐらいまで)位かかる選手もいるのだ。やらねば、修正は難しい。そのような環境が欲しかった。

 春には、ジュウタンのような人工芝を、2,000万円程度かけてロングパイルのゴムチップ人工芝に改修する予定 でいる。お金が無いのに、更にである。私共の決意の強さを感じていただけることと思う。私共はこの場所で、様々な 環境を提案したいと考えている。経営が上手くいっていなかったようで、「更地にするか」「真剣に経営する団体を探す か」という事になったらしい。私共に話が来たのは突然のことで、準備と経営のイメージを持てずに、熟慮を重ねた末 決断した。それから、3週間ばかり2時頃には起きて1週間のスケジュールのシュミレーションを重ねた。どうしたら喜 んでもらうことのできる施設にすることができるか、というテーマ1本に絞って夜中から皆が事務所に出勤してくるまで 考え続けた。施設の経営など考えてもいなかったので、テーマ1本に絞っていろいろなことを真剣に考えると、奥が深 いと考えさせられる。寝不足と、上書き保存の連続で、つい最近になって少しイメージが持てるようになってきた。

 上手くいかなければ、あのような施設が更地になるというのは、本当に悲しい。地主さんと親会社と3者で契約書に 印鑑を押す前に「必ず期待に応えます」とお約束をした。5年間、他社ができなかったことを素人の私共が挑戦する。 粉骨砕身というのが、私の決意だ。新しい事業には人手が必要で、皆には申し訳ないが、もうしばらくの辛抱してもら わなければならない。共に活動している仲間との約束が現実にならない、じくじたる思いがある。しかしながら、皆で 信じて進むしかないと思っている。

 誰がいつ来ても、私共のスタッフがいる場所ができた。私が想定しているより10年ほど早い。 新しい施設の名前は、VIVAIO MINI SOCCER PARK (ヴィヴァイオ ミニ サッカー パーク)と名付けた。 フットサルもできるが、ミニサッカーという定義を世の中に提示しようという佐々木の意見にのった。サッカーが好きに なりたい人が、子供から大人まで集まる場所にしたい。多くの皆に喜んでもらいたい一心で取り組む。三咲駅から無料 送迎も検討している。私達の小さな会社は、「知的障がい者と共に社会に貢献する」ということをモットーに生きている。 これから更に、私達の活動を応援してくれる個人や会社を探す努力もしたい。

 経営素人の私が仲間と共に、子供達の為・地域の為・地主さんの信頼を得て長く施設を維持するために「真剣に行く」。 本格的な稼働は4月になるが、1月から募集と体験をスタートさせる。縁があったらミニサッカーパークに足を運んで、 私達の新しい提案を感じて欲しい。

(熱血)